神戸・垂水 こども編集部

神戸市垂水区塩屋町4-10-14 シオヤチョコレート2F

【お知らせ】TV放映日

f:id:tontanusagi:20210505130431j:plain


 

今年の春から本格始動したこども編集部。

https://www.instagram.com/kidseditor2020/

 

立ち上げ準備を進め始めたある日。

インスタグラムにひとつのDMが届きました。

個人アカウントから

「活動に興味があるので、取材させてもらえませんか?」という内容。

怪しくないように・・・とご自身の自己紹介や

携わってらっしゃるメディアのご説明付きだったのですが

あまりに突然のお声がけに驚きつつ、お会いすることに。それが去年の夏。

 

ABC朝日放送

夕方情報番組「キャスト」の取材班の皆さん。

 

お声がけくださった方は自身も3児子育て中のパパさんでした。

色々と検索をしていく中でこども編集部に興味を持ってくださったとのこと。

 

そこから、打ち合わせやプレイベントのほとんどに

カメラを持って密着してくださいました。

 

毎回テレビカメラがいるので、最初緊張していた子どもたちも

もはやカメラを向けられても気にしない。

何やったらカメラマンや音声のお兄さんと仲良くなってるし!!

 

子どもたちの人見知りしなさにもあっぱれですが

何よりも、毎回長時間の取材を丁寧に

思わず第三者目線を会議中に聞いてみちゃったりして

最後はすっかり仲間のように大人サポーターたちも思っちゃうほどの

取材班の皆さんのコミュニケーション能力の高さ!

尊敬しちゃいます。

 

今、膨大な量の映像を15分に編集してくださっているそうな。

そうです、まもなく放送です。

 

放送日は

5月6日(木)15:45からの予定。

※当日の状況により、放送日が変更になる場合もあります。

チャンネルは、ABC朝日放送(いわゆる、6ちゃん!)

 

見逃しちゃいそうな方もご安心を!

YouTubeにも後日アップされる予定だそうです。

https://www.youtube.com/user/abcch6/featured

 

【そもそも、こども編集部って?】

色々とテレビ取材についてお話しましたが、

そもそも取材対象になった「こども編集部」について

きちんと説明していなかったような・・

 

スタートは、代表の金井が大学生から漠然と考えていた

「写真で何かしたい」

 

そして、子育てする中で生まれた

「楽しいな。ワクワクするな。ドキドキするな。また来たいな。ホッとするな。」 

そんな学校でも部活でも塾でも家でも無い「場所」を作りたい!

 

この2つの思いがベースとなって

『こどもがつくる こどもがつたえる』をコンセプトに

大人も子どもも成長できる場所が「こども編集部」

 

関わる大人も本業の知識を

仕事ではない場所で子どもたちと一緒に取り組むことで

新たな発見がざっくざく。



大人サポートのメインメンバーがとにかく面白い。

まさか出会って1年弱だなんて思えないほど。

ぜひ、メンバー紹介ページぜひ、みてみてください。

https://www.kids-editor.com/staff

 

【こども編集部に参加するには】

こども編集部では、本活動以外にも

幅広い年齢のお子さんが参加できる単発のワークショップも企画します。

情報は公式ラインで流しますので、気になる方はご登録お願いします!

https://line.me/R/ti/p/%40378oxqky

 

 

【大人サポーターサリーのひとりごと】

長期に渡っての取材でした。

最後の取材のときに「最初は半袖でしたねー」と。

1年弱の密着。

私の隠れ楽しみポイントは、金井の髪の毛がどんどん短くなっている。

というところでしょうか。

放送が今から楽しみです。